ドリブル

ドリブル・ハンドリング練習を家で行う方法【バスケ上達のコツ】

家でハンドリング練習

バスケットボールの練習を家でするには?

バスケットボールの代表的なスキルの一つに「ドリブル」があります。

ドリブルが、このバスケに占めるウェイトは絶大。

ボールを持つプレイヤーはドリブルによって移動できるから、ドリブルはボールを扱うハンドリング技術が圧倒的に求められる。

この記事は、日頃の練習時間が取れない方のために、家でも出来る、ドリブルの上達につながるハンドリング練習法をご紹介します。

ドリブルの目的

バスケットボールにおいて、ドリブルの目的を明確にすることは大切です。

ドリブルのためにドリブルをしている場合が多くある

ここでは、あらためてドリブルの目的について考えてみましょう。

バスケットボールの移動手段

バスケットボールでは、ボールを持ったまま3歩以上歩くことは出来ません。

ボールを持つプレイヤーが3歩以上動くためには、ドリブルによるしかありません。バスケットボールにおけるドリブルとは移動のための手段。

言いかえると、ボールを持つプレイヤーがコート上で移動する必要がなければ、ドリブルをする必要はありません。

時には、パスの方が圧倒的に早くボールをゴールに近づけ、得点につながるケースがたくさんあります。

パスすれば得点できるにもかかわらず、ボールを持ったプレイヤーがドリブルしているようではドリブルの意味はありません。

ドリブルとは、ボールを持ったプレイヤーが移動するための手段ですが、その移動は得点につながる有効なものでなくてはなりません。

相手選手を抜く手段

バスケットボールは、5人対5人で得点を競うチームスポーツです。

ボールを持つプレイヤーは、相手選手の一人とあらゆる場面で、1対1を強いられます。その場面で、相手選手を抜いて有利な状況をつくったり、自らシュートに持ち込むのです。

一気に抜き去るドリブルもあれば、フェイントを織り交ぜたドリブルで相手を抜く場合もあります。

いずれも、相手選手のプレッシャーに負けないハンドリング能力が求められるということ。

ボールを持つプレイヤーは、ドリブルによって1対1の場面を打開できます。

ドリブルは、1対1の場面で、相手選手を抜き去るための大きな手段。

各自のドリブルスキルがゲームの勝敗を左右すると言っても過言ではありません。ドリブルスキルの向上は、プレイの幅を大きく広げるのです。

自宅でできるドリブル・ハンドリング上達法

ここからご紹介する練習法はとてもシンプルです。

家の中なので、実際にドリブルをする必要もありません。種目も3点に絞りましたので、毎日短時間でも継続されることをお勧めします。

ボールをつまむ

目の前で右の手のひらを上に向けて、ボールを乗せます。

この時、ボールは手のひらではなく、5本の指の腹に乗せてください。

そして、5本の指でボールを強くつまんでボールをできるだけ高く浮かせ。これを3〜5分間続けます。終わったら左手も行います。

ボールの持ち方の基本は、手のひらではなく指の腹で持つことです。ドリブルもこの基本の上に成り立ちます。この練習で指のボールに対する感覚を養ってください。

  • 指先でつまむことを強く意識。
  • ボールは常に指の腹で持つこと。手のひらではありません。

ボールをスナップする

上記で行ったボールをつまむことを左右両手で交互に行います。

両手の手のひらをむかえ合わせながら、胸の前で肩幅に開きます。

片方の手でボールをつまむとともに手首のスナップも意識して、もう片方の手にボールを渡します。これを交互に3〜5分間繰り返します。

1対1の場面で相手選手はボールを奪いにきます。その時、強力な手首であれば、高速ドリブルが可能で、ボールにさわられても、それをはねつけることができます。

このスナップの練習で手首の強化を意識してください。

  • 最初の頃は、無理のない範囲でゆっくり行う。
  • 慣れてきたら、スピードを上げ。さらに、両手の間隔を狭めたり広げたりして行う。
  • ボールは指の腹で触れるように心がける。手のひらではありません。

ボールとの一体感を感じる

ボールを右手に持って、時計回りに腰の後ろに回し、腰の後ろで左手にわたし、体の前で右手にわたします。

これを20回繰り返します。

終わったら時計回りと逆方向を20回行います。この動作を膝の周りでも同様に行います。

ドリブル中に意識すべきことの一つは、ボールから手を離さないこと。常にボールに手をつけて、ボールと手が一体化している意識が必要です。

この練習でその感覚を養ってください。

  • ボールを手から手に渡す時に投げないようにします。ボールと手が離れる時間を最小限にすることを心がける。
  • 徐々に回転のスピードを上げる。
  • ボールは手のひらで持つのではなく、5本の指の腹で持つことを心がける。

メディシンボールを使う

これまで紹介した練習を「メディシンボール」を使用して行います。

メディシンボールとは、通常のボールよりも重い、トレーニング用のボールのことです。私の経験では、メディシンボールによる効果は抜群です。

通常の7号ボールの重さは約760gです。ボールのサイズによりますが、メディシンボールは1kgくらいから市販されています。値段は2,000円台からあります。

スポーツ全般において、重いものを使用するウェイトトレーニングは筋力増強にきわめて有効な手段です。

実際の練習時に、通常のボールに触れた時の感覚の違いに驚かれると思います。ボールコントロールが信じられないくらい楽にできることを体感できるでしょう。

  • 重さ1kgでも通常のボールと比べるとかなりの重量差を感じられます。出来るだけ軽いメディシンボールを使用する。
  • 紹介した3つの練習を通常のボールで十分行ってください。自分なりに納得できるまでは、メディシンボールの使用は避け。無理をしてメディシンボールを使用すると指や手首を痛めることがあります。

ドリブル・ハンドリング練習を家で行う方法まとめ

バスケットボールにおけるドリブルは、ボールのハンドリング技術が最も要求される技術の一つです。

だからこそ、ドリブルが上達すれば、ゲームでのプレイの幅が広がり、圧倒的なアドバンテージを得ることになります。

今回は自宅でもできるハンドリング練習法を紹介しました。ひじょうにシンプルな練習法ですが、根気よく継続することで、間違いなく効果を実感する瞬間がやってきます。

バスケが上手くなりたいならやるしかない!

  • どんな練習をしたら上手くなれるの?
  • 人に勝つ為にはどんな戦略があるの?
  • チームワークを良くするコツとかあるの?

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。

他の人がやらない効果的な練習とは?
人とは違うプレースタイルにこそ価値がある